物語の熊の子供を、王子が追いかける後半の話などをします

王子も、さすがに、後半にまでなってくると、疲れも出てきてしまっていて、ちなみに、年齢は、29歳なのですが、それでも、キツイというのが、正直な心境というのが、あります。熊の子供の方は、そんなに疲れてなく、ペースは、むしろ前半から、中盤にかけてより、さらに、速度が、上がっていて少しづつ王子との距離が、どんなに、ここまで追いかけてみても、離れていってしまいます。王子は、マジかよ、いつになったら、熊の子供を捕まえて冠を取り戻すことが、できるのかなと、不安とそこからくる焦りと、一秒でも早くとにかく冠を、取り戻したい気持ちでいっぱいになります。あんおに、距離を、思うように、縮めていくことが、出来ないのですが、途中しばらくすると、その熊の子供は、大きな木が、気になったためなのか、走り続けるのを、やめてしばらくその木の付近で立ち止まっています。それを見た王子は、よしこれを、機会に、上手くすると熊の子供を捕まえることが、出来るのかも知れないと、思うのです。http://www.tanzania-africa-development.com/

おそるべし、カトキトの冷凍カレーうどん!

価格が250円で本格な味が楽しめるのを見つけました。
スーパーで冷凍食品コーナーに置いてあるカレーうどんです。
カレー好きと、うどん好きにはたまりません。

このカレーうどん、具とルーが麺の上にのっています。
鍋に水(少な目がおすすめ)を入れて袋から取り出した具と麺を入れるだけ!
250円とは思えない味と、具は玉ねぎと牛肉が入っています。
水250ccを鍋に入れて放置すること8分です。

うどんにもコシがあって煮込んでも全く問題なくおいしく食べれます。

こんな便利な商品を今まで知らなかったのか!?と思うほど感動しました。
火にかけるだけで、カレーうどんが完成するなんて素晴らしいです。

私の気の迷いなのかとか、味音痴なのかとか考えたりしました。
なので夕飯はカレーうどんにしました。

「おかわりないの?カレーいつ作ったの?」

との家族の言葉に私の味音痴疑惑はなくなりました。

最近の冷凍食品の進化に驚くばかりです。

恐るべし!冷凍食品!

今年初の会社応募したけどちょっとトラブル発生。

先週24日水曜日に市役所の就労支援者から呼び出しあってハローワークに行って2社の会社に応募した。市役所で就労支援者といろいろ話してその上でハローワーク行って紹介状を出してもらった。私は今現在生活生活保護受給して生活してます。なので就活で何かトラブルあった場合は就労支援者が事情聞いてくれてそれを受けてハローワークに一緒に行って就労支援者が私の代わりにいろいろハローワークの相談員に言ってくれます。いわゆる代弁者になってくれます。そんな中で1社応募したいところあったけど場所が遠いところなので面接会場までどうやって行ったらいいのか応募する会社に確認してくださいって相談員に行ったら面接会場まではあくまでも自分で自力で行ってくださいとの返答です。会社に確認もせずに頭ごなしにそのように言ってきたので就労支援者がすかさず公共機関で行く場合の交通経路を聞いてくださいと何度も言ってくれたので相談員も会社に問い合わせてくれました。このときばかりはさすがは就労支援者って思った。私一人だけだったら妥協して諦めてハローワークの相談員の言われるままにしたがってました。就労支援者さんに感謝です。http://www.protoexpress.co/kakaku.html

なんといっても東京の人間が一番の魅力でしょう

東京は、町がいいというよりも、何より支持されているのは、人間です。人でしょう。さっぱりと、この、引き際のかっこよさ、持っている感、親切度、裕福度、この感覚が住みやすいのだと思います。ほかの地域には地域独特の感性がありますけれど、東京には、たくさんの東京でないものを、そうなの、と、見逃してくれる力があるのです。ほかのところでは、これはこうだといって、お年寄りが聞かなかったり、排除していきますから。その辺が、東京のすみやすいところでしょう。
別に、ずっと付き合うことでもないのに、目くじらを立てることでもないのです。もともとがお金持ちなので、ちょっとやそっとのことで不親切にもなりません。
そういうと、関西はケチです。何がケチって、道さえも、ちゃんと教えてKれないのです。親切に教えてやったらいいと思うのにです。
まあ、観光客も、少ない金額で済ませようと、地元民に、食事場所を聴いたりしますが、それは困ります。ミュゼ アリシア

気弱な私、それなりに経験値が上がり、ほんの少し成長しました

数日前に「押し買い詐欺」に合うかもしれなかった・・・というドキドキ感を体験して以来、ちょっとだけ電話に対する意識が変わりました。
以前は、何度か「不要な衣類などはありませんか?」というリサイクル業者さんを名乗る人からの電話に対して「あ〜ないんです〜。ごめんなさい〜。」などのやり取りを数回して終了していたのです。
が、その「もしかして詐欺だったのか?」と後で心配になった件以来(その時の電話は妙にしつこく、1点でも頑張らせていただきます!と言っておきながら次の電話で貴金属はあるかどうかを、これまた別人がしつこく聞いてきたのです)、実際に被害に合ってはないものの、自衛反応を身に着けたのかもしれません。
ある夕方、ちょうど家事に忙しくしている時間帯に電話が鳴りました。
女性の声で「お使いになっていない衣類などはありませんか?」と、何やらマニュアルを見ながらなのか、丁寧にお話される方からのお電話でした。
「あ、すみません、不要な衣類は無いですね〜。あ、それから、貴金属もないですよ〜。」と、明るく答えました。
「え?貴金属は・・・ないですけど・・・。」と、マニュアル対応に無いのか、その女性はしどろもどろでしたが、
「すみませ〜ん。失礼いたします〜。」と、明るく電話を切りました。
正解だったのかどうか(詐欺だったのかどうかも)は不明ですが、とりあえず暗い感じや失礼な感じにならず、きっぱりと、それでいてかなり短く終了できたので、私としては合格点です。ベルタ葉酸サプリ 販売店

夫が無職、でもなぜか余裕の笑み、何考えてるんだろう。

夫は4月で今働いている会社を退職します。
もう15年も務めていて昇給が雀の涙、サービス残業の嵐、見合わない労働にどうしても納得できなくてやめることになりました。
無職になるのかとこちらは不安でいっぱいですが、なぜか夫は不敵な笑みを浮かべています。
何に対してもそうなのですが、夫はうろたえません。
今現在、就職活動はできる状態ではないので、辞めてからになります。
しかも、自主的な退職のため、失業保険は先延ばし、それでも、不敵な笑み、すぐに再就職が決まると思っているんです。
でも、あてもないし、こっちからすれば何の根拠もないこと。
でも、そんな夫を頼もしく思ってしまう私がいるんです。
なんか、些細なことでも慌てふためいたり、肝心な時に頼りにならない人では決してないからです。
どんなことがあってもこの人となら大丈夫という確信がある私も、周りからしたらおかしいんだと思います。
楽観的と笑われても、貧乏になってもまあ、しょうがないか!!即日 クレジットカード

人生を振り返った時、自分の選択は間違っていなかったと断言できますか

日々生きて行く中で、自分の選択や過ごした過去に不安を感じることはありませんか。

私は、今までの自分の生き方は間違っていないと自信を持って断言できような日々を送っています。
先天性の大病を抱えながらも、小中学校は普通学校に通わせて頂きました。
全てにおいて皆と同じことはできませんでしたが、皆と同様に学生の本分を全うし卒業できたことを大変誇りに感じています。
これはクラスメイトや先生方の助けがあったおかげで、未だに付き合いの続いている友人が何人もいることが、私にとっては宝です。

高校からは養護学校へ進み、卒業してから4年生大学に入学するまでの1年弱の間、自律訓練を受けていました。
当時は「何の為になるのだろう」と思っていましたが、今ではあの時の選択は間違っていなかったと自信を持って断言できます。

正しいと信じて行動を起こすことは重要ですが、「自負」と「過信」は明らかな違いで、過信は慢心です。
失敗を恐れずに立ち向かうことは成長に繋がります。
自分で選択したことを信じ、誇りを持つことは大事なことだと感じます。

最近になって和服を着ることにちょっと憧れるように

ときどき駅の構内や百貨店などで見かけることがあるのですが、最近、和服を着ている人っていいな、と感じています。
私も着たいなと思ったりするのですが、いろいろと考えてしまうところがあったりします。
どうしても、和服はただ着ている着ているだけで目立ってしまうのですが、たくさんの人が和服を着るようになればそんなこともないでしょう。
自宅で洗濯ができるようなものがあったり、リーズナブルに購入できるものもあったりするのだと言います。
なので、ちょっと挑戦してみようかなと考えていたりします。
和服にもデザインはあるのですが、普段私たちが着ているような洋服よりはそのレンジというのは狭いものです。
それゆえに、生地や柄、染め方の善し悪しなんかが、如実にでたりするというのが面白いところですよね。
また、現代の生活シーンにおいては少し動きにくいと感じることもありそうではありますが、逆にそのことが余裕や優雅な感じを醸し出すのかもしれません。
ほとんどの人は、和服で大股で走ったり、だらしない格好をしようとは思わないのではないでしょうか。

今日の一日の出来事と感じたことを書きます。

今日は、趣味である絵を描いていました。まあ今週はずっと絵を描いているのですが、色々と目標が合って今年一年は、フリーのイラストレーターになることを目指しています。といっても絵を売り出すのはすべてブログなどで宣伝しているので今までと変わらないです。ですが本格的に絵で少しでも稼げるようになりたいと思い7月は絵を集中して勉強詩ながら描いています。明後日から近所でラジオ体操があるのでまた少しランニング、ストレッチをしたいと思っています。今まで見たいにすごい変なというか過激なウェアとか着ないですがいずれはまた戻したいと思っています。しかし、今月から絵を中心に集中してやっているのでトレーニングのほうはとりあえず、見栄えが良くなればいいかな程度やっていこうと思っています。まわりの人からは、日サロで肌を黒くきれいに焼いてることもあってかすごくスタイルもいいし、綺麗とよく言われます。自分は周り見せるためにやってるわけでないので普通にやっていきたいと思っています。

シンガポール観光でマリーナベイエリアに感激!!

シンガポールのマリーナベイエリアを御存知でしょうか?世界に港は数多くあれども、シンガポールのマリーナベイエリアに勝る港はないと思います。マリーナベイエリアの広さは日本のみなとみらいの1.5倍、(ワシントン+パース)÷2といった感じの国会、ヨーロッパ風の建物群、有楽町+サンフランシスコの会議場界隈。さらには横浜を軽く凌駕するチャイナタウンに加えて、アラブストリートやリトルインディアまで存在しています。私なぞは2日間で5万歩を平気で超えてしまいました笑。シンガポールのマリーナベイエリアを歩いていて感じた感想は、シンガポールってテーマパークに近いという感覚です。人は親切で危険も少ないのですが、値段は高め。アジア・インド・中東をまとめて搭載したテーマパークといった感じでしょうか。シンガポールの国力の強さは、このマリーナベイエリアのように、国全体がテーマパーク的な雰囲気に満ちあふれているところにあると思います。入っている意味がよく分からない方は、ぜひシンガポールを訪れてみて下さい。