歌詞がわかるからかえって曲の評価が下がるのか…

洋楽を聴いていて、ああいい曲だなと思っていたのに歌詞を知ってしまってから評価が下がってきたという事がある。もちろん昔は、それほど英語に強くなかったことも(今もそんなにわかるわけではないが)影響しているのだろう。
逆に、歌詞が分かったから好きになったというのはごくごくわずか…こう考えると歌詞は知らないほうが想像出来ていいのかなと思ってしまうわけだ。
だから日本の歌はあまり好んで聞かなかったということなのかもしれない。
一部の人が反対する国歌である君が代、結構なんだかんだと理由をつけて反対して音楽の先生なのにこの曲を伴奏しなかった為首になったと怒っている先生もいる。
しかしながら、とても理解できない行為でありどうしてそこまで国歌である君が代が憎いのか…。
ちょっとかっこいいフランスの国歌といいアメリカの国歌も歌詞は過激そのもの、そこへ行くと君が代は穏やかな歌詞で文句のつけようはないように思えるのだが…。http://www.rvmble.co/