フォーカスダービーらしい、将棋NHK杯山崎8段対中村7段

NHK Eテレでは将棋フォーカスと言う番組をしている。
最近、藤井聡太四段の活躍で盛り上がってる将棋の番組である。
将棋フォーカスの後にNHK杯将棋トーナメントをしているのだが今回の対局は中村大地七段と山崎隆之8段という将棋フォーカスのMC同士が1回戦で対局をしました。
互いに交互にMCで出ている二人が対局と言うことで互いにプライドを賭けた1番になりました。公式戦では対戦はなく(番組の企画の超早指し戦=遊び的な対戦)。互いの棋風(特に山崎8段の独特な棋風)から面白い将棋になりました。
対局は互いに攻めて攻めての将棋で山崎隆之8段の勝利しました。
翌週、その様子の特集を将棋フォーカスでしていました、と同時に対局の感想戦も、時間があまりなかったので終盤戦を取り上げてましたが、おそらく序盤の仕掛けから勝負はついていたようです。
因みに勝者の山崎8段の次の相手は羽生三冠です、山崎8段、10年間羽生三冠に勝ってないらしいです。ミュゼ 料金 部位

今年の豪雨は本当に異常すぎると思います。

私は、九州の豪雨にびっくりしています。
大雨特別警報と聞いた事がなかったので、軽い気持ちで
いました。
次の日にテレビをみたら本当に驚きました。
大雨で、恐ろしい状態になっていたのです。
家は破壊されたえい、土砂に埋まってしまったりととんでもない
状態で、流されている家や車、破壊された橋と本当に日本なのか
と思いました。
もう数日たっていますが、いまでも復興するよりも現実に悩まされて
いると思います。
私なら、何からやってよいかわからないと思います。
平凡な毎日が1日でここまで悲惨な状態になるのです。
一番びっくりしたのが、大木の多さです。
土砂崩れで大木が大量にながされ、いろいろな物を破壊してしまう
こんな事になるなんて予想もしていませんでした。
台風や地震なら、気持ちの入れ替えもできますが、大雨と
聞くとたくさん雨がふるだけと思い、油断している人も多かった
と思います。
家に待機していれば大丈夫だと普通に思います。
これからの復興は本当に時間がかかるものですし、
被災された方は本当に戦いだと思います。

チームごと逃げていると言う事もあると言うが

最近のワイドショーはこの人の追跡をしていると言うがいろんな場所で見た人もいると言う。
それが松居一代さんがどこにいるのかわからいなと言うが連日ブログのyouTubeで言っているらしい。

場所を明かさないでこの様にして連日の様にレポートをしていると言うが見ている人には何を恐れているのかわからいなと言う。
この様な事で連日の様にワイドショーをするようになったと言うがこうした騒動している中で既に追跡している人がいると言う事になるとわかってしまう事もある。

連日、逃亡をしているように見えると言うがスタッフなどこの様な事は逃げた後になった。
また、カプセルホテルに泊まったと言う事があったがこれも個人情報の影響で明かさない事でこの様になっていると言う。

しかしもこの方向はチームを組んでこの様にYouTubeでどうしているのかこれがわかるような気がしている。
これが公表している事で今後はどうなってしまうのか気になる所もあると言うが週刊誌でもいずれはばれる事もあるかも知れない。

逃げるのも今後は見つかる事もあるので気になると思っている所だと思っているのです。

たまに家電量販店に行く事があったりします

休日の日は時間があれば家電量販店のほうに足を運び電化・家電製品、パソコン関係のものを見たりしていて、1人の時間をゆっくりと過ごしています。

家電・電化製品、パソコン関係のものには興味や関心があって、家電量販店に長時間いたりする事があります。欲しいものがあったらつい買ってしまう事もあったりします。

最初は液晶TVやオーディオ関係のコーナーに行って販売されているものを見たりしていて、それが終わったら次は家電・電化製品のコーナーに行き商品を見たりしている感じとなっています。

パソコン関係のコーナーに行くのは帰り際となっていて、楽しみは最後にとっておくものであります。なんだかんだいって長時間いるので帰りが夕方になっている事が多かったりします。

行きつけの家電量販店は大型の店舗となっているため、販売されている商品は多くあるので見ていて凄く楽しいです。

次は別の店舗にも行ってみようかなと考えていて少し離れている所に店舗があるので次回はそこに行きたいと思います。

日本ハムの栗山監督に続投要請があったそうです

今シーズンはけが人も多くいてなかなか成績が上がらない昨年のチャンピオンチームの日本ハムですが、栗山監督に続投要請があったとの報道がありました。日本ハムは、他の球団とは少し違う経営方針というか、年棒が高額になってくると、メジャーや他球団へFA移籍を促進しているような感じもあり、そのため選手の新陳代謝がかなりいいチームでもあります。そんな中栗山監督は昨年は日本一にもなっているので、日本ハムというチームカラー、経営方針にあっている監督なのかもしれません。勝利と育成という二つの目的をうまく使い分けているような気がします。今シーズン終了後も中田選手のFA移籍や、大谷選手のメジャー行きが噂されていますが、そういったことも含め、今年以上に戦力ダウンが予想される中で、他の監督ではうまく育成していけない、今の体制で育成を行った方がいいと経営側が判断したのかもしれません。巨人のように勝利至上主義もいいのかもしれませんが、数年に1度の優勝を目的に育成に力を入れるというのもなかなか面白いチーム作りだなと思います。

赤ちゃんオーケーの飲食店に行ったときのこと

まだ生後5ヶ月の赤ちゃんを連れて、久しぶりの友人とランチに行くことになりました。家で会っても良かったのですが、そろそろ外出も慣れてきたところ。気分転換も兼ねて、外で会うことに。

外出も慣れてきたとはいえ、やはり行き先での授乳室やオムツ替え台がある場所や、ベビーカーOKのお店かどうか、などなど気を使うことはたくさんです。でも、都市部はわりとそういった施設は駅の商業施設などに入っており、ランチのお店などもその近くで選べば大丈夫です。そんなに難しいことでもなさそうでした。
今回は、なんと自分が食べたかったジャンルのお店で、さらに赤ちゃんに優しい、というコンセプトのあるお店が見つかり、そこへ行くことにしました。

予約も可能だったので、念のため事前に電話すると、5日くらい後の平日だったにも関わらず、予約席は満席とのこと。ただ、すべてが予約席ではないので、当日来てあいていればOKとのことでした。
開店時にもう並ぶことも多いとのことで、私たちも開店時間前に待ち合わせしてお店に向かいました。すると、すでにベビーカーの列が!

以前は赤ちゃんに優しい、というコンセプトは目にも入りませんでした。
子育て中のお母さんにとっては、こういったお店は貴重なんだな、と新しい体験でした。

宗像・沖の島が世界遺産に登録することが決定したことについて

先日のニュースで、福岡県宗像市にある「神宿る島」宗像・沖の島がユネスコの世界文化遺産に登録することが決定されことを報じていました。その決定したことを地元では喜んでいる風景を映しだしていました。
この沖の島は貴重な古代祭祀の痕跡や奉納品が残されており、島の参拝も制限されているとのことで、この遺産を観光に結び付けていくかが課題になると言われています。
世界文化遺産に登録されたということは、地元にとっては誇らしくなるのでしょうが、この島は信仰の対象でもありますので、観光開発によって俗化してしまうと、文化遺産としての価値がなくなります。地元では地域振興の面もあるので歓迎していると思いますが、ユネスコの世界文化遺産は将来に渡って保護すべきものなので、観光客が大量にやってきて遺跡を破壊するようなことにならないように注意すべきではないかと思います。どのように文化遺産を地域振興に結び付けていくかを地元民ばかりでなく、国全体で考えていくのが必要ではないかと思いました。

安くでリサイクル品をゲットするのにハマっています

最近流行りのジモティーというサイトで、掘り出し物を漁ることにハマっています。

ジモティーでは地元の人同士とコミュニケーションをとることに特化しており、さらに物品の売買や取引などが出来ます。これが意外と便利でして、家電や家具を格安で手に入れる事が出来ます。実は私も不要になった家電を売ったりして小遣い稼ぎをしています。物によりますが、リサイクルショップで買い取ってくれる値段よりかは高値で買い取ってもらえる可能性が非常に高いです。

私の場合、定価で買えば数万はくだらないであろう中古のソファを1000円で買い取りました。売り手側からすると処分費用も浮きますし、こちらとしてもソファをタダ同然で手に入れられるという素晴らしいシステムです。不用品を有料で処分するよりかは、格安、もしくは無料で他人に譲ってしまおうという方が多く集まっているのでしょう。

マージンも取られませんので、ヤフオクなどのオークションサイトとかよりも効率的で使いやすい売買サイトなのかもしれませんね。

私の小さな頃からの趣味、文房具あつめについて。

私は小学生くらいの頃から、可愛い消しゴムや鉛筆、シャープペンなどをよく集めていました。
本当は小学生はシャープペンなどは、使えないという決まりが当時あったのですが、
その当時はシャープペンを使うことがなんだかかっこよく感じてしまっていて、
可愛い絵柄やキーホルダーみたいなモノがついたシャープペンを文房具屋さんで買ってきて
学校ではあまり使わないけれど、筆箱に忍ばせて家で勉強するときなんかに楽しんで使っていました。
消しゴムも、近くのガラガラや文房具屋さんで手に入れたモノを
クッキーの入ったカンカンにたくさん詰めたりしながら、大切に保管していました。
そのカンカンもいまでも持っていて、幼い頃からこんな趣味を持って楽しんでいたんだなあ。と思うととてもしみじみとしてしまっています。
今でも文房具屋さんや子供たちが立ち寄るような雑貨店で可愛い鉛筆やシャープペン、消しゴム等を見かけると
つい、買ってしまっちゃったりします。そんな事も十分私の趣味のひとつだと言える気がします。ミュゼキャンペーン