物語の熊の子供を、王子が追いかける後半の話などをします

王子も、さすがに、後半にまでなってくると、疲れも出てきてしまっていて、ちなみに、年齢は、29歳なのですが、それでも、キツイというのが、正直な心境というのが、あります。熊の子供の方は、そんなに疲れてなく、ペースは、むしろ前半から、中盤にかけてより、さらに、速度が、上がっていて少しづつ王子との距離が、どんなに、ここまで追いかけてみても、離れていってしまいます。王子は、マジかよ、いつになったら、熊の子供を捕まえて冠を取り戻すことが、できるのかなと、不安とそこからくる焦りと、一秒でも早くとにかく冠を、取り戻したい気持ちでいっぱいになります。あんおに、距離を、思うように、縮めていくことが、出来ないのですが、途中しばらくすると、その熊の子供は、大きな木が、気になったためなのか、走り続けるのを、やめてしばらくその木の付近で立ち止まっています。それを見た王子は、よしこれを、機会に、上手くすると熊の子供を捕まえることが、出来るのかも知れないと、思うのです。http://www.tanzania-africa-development.com/